【DYTグッピーシリーズ】正しさと惨さと(2005.04.26)

そう、この情景は、正しぃ。
掃除した綺麗な円形ビオトープの 水面に到達したポトス
その葉浅瀬に隠れる生誕直後のDYT。
なんか、けなげで、美しい。


蛍の成虫もめっきり減った。さぁ、再増殖にむけてぇ!
私も所長の応援をしよう。

それは、すなわち!サカマキを増やすのだっ。

というわけで、新たに2つのサカマキ水槽CFマット濾過版が完成しました。
といっても

新しく作ったわけではなく、既存のものを使いました。
「なんか、改良したの?」

ははは・・・改良したというか、めちゃくちゃ餌をやっているだけなんですわ。フタ付けて。
さぁ!見てみましょう!
サカマキ2005水槽の1です。

「ょぅ、これ、むごくないか?」

ぇ?なんでなんで?

「ここの、グッピー、相当の 過酷な状況下に 置かれているよ。
この写真では、
まさに、地獄ではないのか?
その、ふわふわした、ものは、よくドブに漂う・・・・」
そーです。

CFマットから浸透してきた、超豊かな栄養の水がね、
糸状菌を流れにまかせて細長く成長させてね、
奥のエアレーションの循環流がね、
その細く伸びた糸状菌をね、
くるくる回転させてねー
らせん状にしてるんだよ〜
そんでねー、
そこにね、
リシアがくっついてねー
いるんだょ〜

すごいでしょ。

「相変わらず、きたねぇ話しだなぁ・・・・」

上に蓋しているからいいものの、開けると、とっても、とっても
スッパイ臭いが漂って・・・・

「むごいのー」



そこで一言
でも元気。でも健康。そして産む産む稚魚大会。
しかしね これは サカマキ水槽

グッピーDYTは おまけデス。

Editor (oo)Tsuyoshi UMETSU Ph.D.
Associate Professor 
Maebashi IInstitute of Technoloy

サカマキ水槽我慢我慢の半年間。

そして、もう一つのサカマキ水槽は
「蛍の生涯観察飼育箱ディスプレイ版」です。

陸がさびしいので、差し花してみました。

このベコニアは、果たして根付くのでしょうか?

コッチの水辺はさらに、すごい様相です。

「グッピーは、入ってんの?」

入ってるよー。

環境 技術 研究所、
淡水域は
何処も かしこも DYT
血統グッピー
一色だ。